歴史

テヌータ・ルーチェの歴史

テヌータ・ルーチェの歴史はモンタルチーノで実現した夢のストーリー。フレスコバルディが偉大なトスカーナワインの歴史に新たなる一ページを刻む。

フレスコバルディの歴史、その起源。

1990年代初め、ヴィットリオ・フレスコバルディはロベルト・モンダヴィと出会い、上質ワインの歴史、偉大なトスカーナワインの歴史に新たなる一ページが刻まれました。

この出会いに始まり、ルーチェが宿る。

モンタルチーノというブドウ栽培に見事なまでに適したテロワールで、極上のトスカーナワインを作るという夢からすべてが始まりました。

自然界では光なしでは生きられない。熱、エネルギー、生命を与える太陽に敬意を表したルーチェ・デッラ・ヴィーテという名の壮大なプロジェクト。

長年にわたり、テヌータ・ルーチェはこのビジョンを守り続け、この土地の限界を超えて極上のワインを作りあげるワイナリーとなり、国際的に誰もが認める偉大なトスカーナワインとして評価されています。

太陽、熱、生命。それが、ルーチェのストーリー。

自然なる世代交代を経て、ヴィットリオの息子であるランベルト・フレスコバルディにバトンが託されました。

ランベルトの指揮のもと、テヌータ・ルーチェ・デッラ・ヴィーテは知識と技術の世界、自然の流れをより尊重した教え、そして質の高い醸造学を更に強化したことにより、ブドウという果実をトスカーナの極上ワインへと変化させていきました。

ランベルト・フレスコバルディには、父とロベルト・モンダヴィが描いた輝かしいプロジェクトを、情熱と経験をもとに未来へ繋げていく任務があります。

テヌータ・ルーチェのプロジェクトには、モンタルチーノに見事に調和した新設のワイナリーや古代図書館のようにルーチェの歴史を語り、守るCollezione Luceなどが加わりさらに充実しました。

所有する全てのエステートと同様に、ここでも自然が刻む時間、そしてワインが求める時間が制するのです。人は、自然が教える知識の番人。

光り輝く太陽、ルーチェのエンブレム。

壮大なこのプロジェクトのロゴ、12のコロナをもつ光り輝く太陽は2つの意味を持ちます。生命と栄養の源であること、そして私たちの伝統文化の原点を象徴するということ。

特にここトスカーナでは何世紀もの間、太陽は世俗的・宗教的象徴として重要な役割を果たしてきました。

フレスコバルディ家が寄進した場所に建てられたフィレンツェのサント・スピリト大聖堂の祭壇に施された太陽から、このルーチェのロゴはインスピレーションを得ました。

侯爵が所有する工房の代表作であるこの祭壇は、1599年から1607年の間に制作され、様々な大理石やオニキス、ラピスラズリの色彩が際立つ大理石のはめ込み細工で装飾されています。

歴史の流れと推移、そして生命と世代の絶え間ない継承。日々、輝く空や雲の合間に見え隠れしながら昇る太陽、日々、ブドウ畑のベールが包む柔らかな傾斜の先に沈む太陽のもと、永遠に続くリズム。

ワイン

1993年から、常に私たちのブドウ畑では調和性を最も大切に、丁寧で正確な作業を心がけています。急ぐことなく自然の流れを尊重し、真摯に熟練の技でトスカーナの極上ワインに命を吹き込んでいきます。

より詳しく知る

エステート

モンタルチーノ南西のなだらかな傾斜に位置するテヌータ・ルーチェ・デッラ・ヴィーテのブドウ畑は、ブドウ栽培に最も適した生物多様性の豊かさを特徴とします。 最も有名なイタリアワインの一つであるブルネッロ・ディ・モンタルチーノの産地です。

より詳しく知る

ワイナリー

テヌータ・ルーチェの中心に、私たちルーチェのワイナリーがあります。 心の鼓動のように、ワインに命を吹き込む時を刻みます。 極上のトスカーナワインと認められたワインにとって理想的なロケーションです。

より詳しく知る