コルソ・ヴィットリオ・エマヌエーレ通りとルンゴテーヴェレ通りの間にある、ローマ旧市街地特有の通りバンキ・ヴェッキ。ここ、首都中心部のカンポ・デ・フィオーリとナヴォナ広場からすぐ近くにPagliaccioはあります。フロアもキッチンもヨーロッパ各国の首都のように国際的でコスモポリタンな雰囲気。落ち着いた上品なプライベート空間には11のテーブルが用意されています。クラシックとモダンとの出会いで他にはない美食体験が楽しめます。ミシュランガイドは、このレストランに2つ星を与えた理由をこう記しています。「優秀なシェフのインスピレーションとその才能により引き出された最高の素材は、彼のチームスタッフたちと共に、極めて優美で心を揺さぶるだけではなく、時に素晴らしくオリジナルな料理を完成させる。」

サイトを見る

Anthony Genovese

アントニー・ジェノヴェーゼは1968年、カラブリア州出身の両親のもとにフランスで生まれ、彼のシェフとしての人生は、起源であるカラブリアへの想いと共に進みます。彼の旅はフランスからイギリス、そして日本、マレーシア、タイへと続き、
ラヴェッロの町にあるホテル・パラッツォ・サッソにあるレストラン「Rossellinis」に至り、初めてミシュランの星を獲得します。短期間のうちにラヴェッロからローマに移動。2003年から首都での挑戦が始まり、ここから彼の作品の形が完成されていきます。

スペアリブのグレーズソース仕立て、ウナギとビート添え

気難しく力強いサンジョヴェーゼと魅力的で上品なメルロが一つとなったルーチェには、スペアリブのグレーズソース仕立てとの相性が抜群です。頭に浮かぶ線を流れる風味、ハーモニー、スパイシーさ、そして長命さのマリアージュ。この流れにピーナッツと蜂蜜、キノコがゆっくりと感動の渦を彩りキャンバスを美しく飾ります。

Verona

Antica Bottega del Vino

より詳しく知る
Santo Stefano Belbo

Guido da Costigliole

より詳しく知る
Brusporto

Da Vittorio

より詳しく知る