25回目の収穫 2人のアーティスト5

アンナ・ゴデアッシ

アンナ・ゴデアッシは、日常を色や形でロマンティックに描き、夢幻的でシューレアリスムな世界を表現しています。彼女の作品の中には、絵画、彫刻、インスタレーション、イラスト、広告、動画などがあります。

この作品で、ルーチェの歴史の基礎となる価値観を表現しました。日々、世界中で楽しまれているルーチェを味わうその瞬間の価値観を文脈化しています。

「視覚的メタフォーを用い、土地、人、努力、感動が巡り廻るライフサイクルの産物であるワインを人でもあり物でもあると考え、擬人化することを試みました。」

クリス・トアラ・オリヴァレス

クリス・トアラ・オリヴァレスは、自然や都市空間の撮影のために世界中を周り、ロイター通信社やAP通信社でも活躍していた冒険写真家です。この作品では、ルーチェ誕生の地をカメラで探求していきました。

他と大きく異なる比類なき存在を生むための価値観であるリスペクト、土地、人、知恵、美しさを表現しました。

「ルーチェと同じように、私自身の歴史の本質となるのはリスペクトです。自分にとって最も重要なテーマをリスペクトし、今語られるストーリーに耳を傾け、その美しさ全てを集約させます。」